未来が変わった実例集

恐怖心との別れ  (桐畑恵子 会社員)

  • 「今夜も吐いたらどうしよう」
    20代後半の頃から、夕食をとって約6時間経つと、胃痛で目覚めるという日が何度もありました。
    そのせいで、一日の終わりが怖かったです。いつ、何を食べたら痛くなるのかが分かりませんでしたから。
    母はそんな私を心配し、食事療法を学びに行ってくれたり、自分なりに調べたりしてご飯を用意してくれました。
    母の気遣いが込められた料理は安心して食べられましたが、だからと言って胃痛に襲われないとは限りません。
    一度、やわらかめに茹でてくれたソバで胃痛を起こしたときは、「こんなものででも?」とショックでした。
    胃痛をどう治していたかというと、無理矢理指を突っ込んで、吐く。胃が空になるまで。
    私の人差し指と中指の付け根には、いつも前歯の跡がありました。

    胃痛に悩まされながら激務をこなしていた7年目のある日、突然手が震え出したと思ったら、体が言うことをきかなくなり、退職。その後のただ時間だけが流れていく毎日は、“社会からの落第者”を彷彿とさせました。
    何とかして復帰への糸口をつかみたいと、自己啓発本、心理学に関する本、スピリチュアル系の本を何冊も購入し、1年間読み続けました。
    でも、その頃の私は超ネガティブ思考で、著者と自分を比較して、「どうせ私はあなたのようにはなれません」と自己完結したり、ファッション雑誌を見ても、地味でダサイ私は、お店を遠くから眺めるので精一杯「どうせ私なんて、オシャレで美しい世界はふさわしくありませんので」と思ってしまう始末。
    すでに家にあった本、新たに買った本、あわせて3ケタになりそうなころ急に心が冷め、学生時代からコツコツ集めてきたそれらの本をヒモで縛り、考え直してほどいて●OOK●OFFに持って行き、懐を温めました。

    思い返すと、本を読んでいて浮かんだ感情は「もともと能力が高い人に言われても」。
    勉強もできないし、社会のはみ出し者の私には、あなたたちの言葉はうさん臭い。私に対して発せられた言葉ではなく、あくまでも万人向けなんだし。私がいる場所にその声は届かない。
    「どうせ私なんて、しょせん底辺族。一流の使い捨て要員です」・・・
    当時思ったことを書き上げてみたら、呆れるほど批判根性満載。だからあれだけ読んだ本の内容を全く覚えていないのです。


    手放した本の内容が腑に落ち始めたきっかけは、知人の紹介でルポマルディに出会い、神田さんの施術を受けるようになってからです。神田さんは、デトックスの施術中にまるで読み聞かせのように自分が経験してきた様々な話をしてくれます。それを何度も聞いてきたせいか、この頃、ふと本で読んだ内容を思い出すようになりました。

    つまり、やっと7年前に読んだ本の内容が、腑に落ち始めたのです。つくづく反省しました。結局、私に著者の真意を読み取れる力が足りないのを、人のせいにしていただけなので。お恥ずかしい。

    ちなみに胃痛は、調子に乗って食べ過ぎたときにしか起こらなくなりました。
    病院で精密検査をしてもらっても、原因不明で漠然としたアドバイスしかもらえず、栄養失調になってしまったほどだったのに。これも、神田さんが“正しい努力の仕方”を教えてくれ、“安心感を与えてくれた”おかげです。

    しかしルポマルディを訪れた頃の私は初めから神田さんを信用していた訳ではありません。ヒプノセラピーを2回続けた後、神田さんのすすめでデトックスに切り替えたときも、言われた通りにしたのは、ただ単に「何を信じればいいかが分からなくなっていた」からで不信感を抱きながら施術を受けていたのを思い出します。
    そんな私でしたが、神田さんの熱く、火傷しそうなほどの真剣なまなざしと、慈悲的な思いに触れていくうちに心の氷が少しづつ溶けはじめ、通い始めて4年目にしてやっと「お金だけが目的の人ではない」と痛感し、「信じてもいい人なのかな」と思えるようになりました。

    神田さんのアドバイスと施術を受けるようになって6年目になりますが、現在では、ご飯がおいしいと思えるようになるまで回復。痛いときは味を楽しむ余裕なんてありませんから。
    ついでに批判根性もおさまりつつあり、「これは想定能力だ」と、考えを切り替えられるようにもなりました。
    正しいポジティブ思考のおかげで、何をやっても満たされなかったネガティブ思考時代に比べたら、楽に過ごせています。
    私もそうでしたから言えますけど、世の中には間違った認識のポジティブ思考をしている方が多いですよね。
    お得ですよ正しいやり方は。安上がりな内容で幸せな気分になれますから。

    私は6年間ずっと岐阜から京都まで通 っていますが、その距離が遠いと全く思わないほど、温かいサロンです。
    最後にこのコラムを読んでいるあなたとルポマルディでいつかお会いできることを楽しみに しています。

バックナンバー