シンプルがもたらす幸せ

輝くということ

  • 「深海に泳ぐ魚族のように自ら光らなければ何処にも光などない」
     
    これはわたしが最も尊敬する作家の大島渚さんの言葉です。
     
    人が輝くということは、他人が輝くために自ら光を放つことであり、自分が輝くための心がけは、人と自分を区別しないことに尽きると思います。
    これは、長い人生を生きて、わたしが得た最も尊い答えです。
     
    潜在意識は自分と他人の区別がつきません。だから他人の栄光を決して否定してはいけないのです。
     
    自分以外の誰かのために一生懸命になれる心を育てることは、もしかして私たち人間の生涯の課題なのかもしれません。それは、人の幸せを心から喜ぶことが自分自身が輝く唯一の方法だからです。
     
    ですが、輝きも、喜びも、他者に対する「愛」の形も人それぞれで、これが絶対に正しいという鉄則はありません。だから、難しいし、この難題を精一杯楽しめる自分にならないと。
     
    人に心を寄せて、心から誰かの幸せや成功を願える自分であり続けたいと願えば、目の前の出来事が全て学びになっていきます。
     
    日本には美しい四季があります。
     
    今の自分に何が起きていても、必ず季節は巡っているということを忘れずに、雨の日も、曇りの日も、正しい心がけをもつ自分を信じて、面白がって、心を伸ばしていきたいですね。

バックナンバー

カンダユミ矯正メイクの解説 ~美人とは平均値的な顔の人をいう~

カンダユミ矯正メイクの解説
~美人とは平均値的な顔の人をいう~

みなさん美人を目指してメイクしていらっしゃると思うのですが、
実はそうなっていない人が非常に多いのです。
それはなぜでしょう?
その答えは
「美人」がどんな顔の人かわかっていないから
「誰が美人?」と尋ねると、昔の人なら、吉永小百合さんや松坂恵子さん
正統派美人なら、仲間由起恵さん、柴崎コウさん美魔女的な黒木瞳さん
いまどき美人なら桐谷美玲さんや佐々木望さんの名前が挙がるのでは・・・
もちろんそれを「間違っている」とは言いいません。
では「どんな人が美人?」という問いには
「目が大きい」次に
「彫りが深い」とかが挙がり
「色白」はあまり言われなくなりました。
でも、それらはもちろん不正解ではないのですが、第一番目の答えではありません。
「美人とは平均値の顔の人である」
と言えばみなさんどうですか?
おおいに不満を言われる方もあるのでは?
しかし人間は平均値に美しさを感じるものらしいのです。
例えば円なら正円を一番に美しいと思う人がほとんどと思うのですが、
この正円は、色々な円の中で生活上最も目に付く図形であり、またそれらの中の平均値なのです。
それは人間の顔においても同じで、生活上最もよく見る、平均値的な顔を美しいと感じるのです。
目も口も鼻も大きすぎず小さすぎず・・・の顔が美しいのだと言われると
不満の声も出てきそうですが、案外松嶋菜々子さんのような顔になるのではないでしょうか?
さて、ここからが本題です
しかし、実際は
松嶋菜々子さんよりも目が大きくて彫りの深い人が美人と言われるのです。
【1】それはなぜでしょう?
それは日本人が外国人の顔を好むからなのです。
特に憧れるのは白人系欧米人の顔・・・
だから多分、日本人の考える美人顔は
日本人6:白人3:その他の外国人1くらいの割合の人をいっぱい集めた平均値になるはずです。
では次に
【2】松嶋菜々子さんと彼女たちの共通点は何でしょうか?
それは「平均値的パーツ配置」です。
目、眉に鼻などのパーツが離れすぎず近すぎず・・・が美しいというのは納得してもらえると思いますが、それが平均値であることは自明です。
そしてその配置こそ「ヴィーナスライン上の配置」と呼ばれ、
古今東西を問わない美人の条件となっています。
だから
「どんな人が美しいの?」という問いには、
まずパーツ配置が平均的である人、
次に外国人の影響が強い分、
目が大きくホリが深い人という答えが正解となり、
これをメイクアップのテクニックに当てはめるとこうなります。
理想的なメイクとは
①目を大きくし
②ホリを深くしながら、
③パーツの(形や)配置を
平均化していくことである、と。

そしてそれこそが「矯正メイク」の定義となる訳ですが、
それができていない人が非常に多いのです。
光が顔に当たってできる陰影は骨格によって人それぞれ違います。
だから、元々の美人で無い限り、メイクをパターンで100万通り覚えても、
顔は美しくならない・・・ということになりますね。
流行などを取り入れたメイクパターンによる表現でより美しい自分になるためにはまず、あなたの顔を矯正する元の顔を美人にするテクニックが必要です。
 
メイクは矯正と表現の二本柱です。
ルポマルディではまず、ご自分の顔を美しく整える
矯正メイクテクニック(シンプルメイクアップ)のレッスンをしています。
 
更に、このテクニックを修得後に起こる心の変化を体験していただけます。